• 人気の火災保険10種類 保険料の比較一覧
  • 保険料は?補償内容は?火災保険はじめてガイド
  • あなたにピッタリな火災保険の選び方
  • よくある疑問を解決Q&A
  • サイト内で困ったらココ 火災保険の用語辞典
これで安心!火災保険比較ランキング » あいおいニッセイ同和の火災保険を調査 » あいおいニッセイ同和の火災保険の口コミ評判

あいおいニッセイ同和の火災保険の口コミ評判

地震被害の家財を買い替えたなど、あいおいニッセイ同和の火災保険の利用者による口コミ評判を紹介します。

良い口コミ

あいおいニッセイ同和の火災保険の口コミ評判1
台風被害で屋根をフルリフォームしたケース

火災保険と地震保険のセットで加入していたこともあり、台風による自然災害でも保険を利用することができました。屋根が飛んでしまったのですが、修理を依頼した工務店も手慣れた感じで、修理代金も保険の範囲内に収まったので本当に助かりました。
その際、雨どいはもともとかなり劣化していて、屋根も20年ほどメンテをしていなかったのですが、この時の修理である意味リフォームができてしまったのは不幸中の幸い。職人さんからも20年はもちそうだとお墨付きをいただいて、築40年以上になるマイホームの建て替えを先延ばししようと思っている次第です。

あいおいニッセイ同和の火災保険の口コミ評判2
地震で壊れた家財を保険金でカバーしたケース

都内の分譲マンション住まいですが、先の東日本大震災の時に保険金を受け取りました。マンション自体には特に被害はなかったのですが、食器棚と中の食器や家電品が壊れてしまったのです。最初、地震保険だと食器棚や食器の被害に保険は適用されないと思っていたのですが、友人から話を聞いて、自分でも保険会社に問い合わせをしたところ、請求対象になるとのこと。もともと当てにしていなかった分、すごく救われた気分になりました。おかげさまで食器棚や家電品の購入代金がほとんど支払われて、保険のありがたみを痛感しました。

あいおいニッセイ同和の火災保険の口コミ評判3
強風で壊れた玄関ドアを新品交換したケース

購入して半年も経たないうちに保険のお世話になってしまいました。
我が家が加入していたのはマイホームぴたっとという保険で、これは住宅メーカーから薦められたもの。新築で耐震性能もしっかりしているし、その時は当面使うこともないだろうくらいの気持ちで、万が一のために契約した程度の意識でした。
それがある強風の吹いた日のこと。玄関を開けた時、風の勢いでドアが外れてしまったのです。すぐにメーカーに電話をしたところ、保険会社と連絡をとって、翌日には新品のドアに交換してもらえたのでどうにか安心することができました。修理代金は保険金があてられましたが、保険に入っていなかったらと思うとゾッとします。

あいおいニッセイ同和の火災保険の口コミ評判4
初めての火災保険を契約したケース

当時、火災保険は初めてだったので、自動車保険で長年お世話になっている保険会社に相談をしました。担当の方の説明はわかりやすく、木造だと構造によって保険料が違うことを教えていただき、2つの見積もりをもらって判定を待っての契約でした。結果的に我が家はB構造で、C構造だったら保険料も倍近くになったので、胸をなでおろしたほど。
想定していたよりは安くなることがわかったので、建物と家財両方が補償される内容にして、契約期間は15年としました。それから10年、安心して暮らせています。

あいおいニッセイ同和の火災保険の口コミ評判5
建物の保険金で家財の買い替えができたケース

我が家では家財には保険をかけていなくて建物だけが補償対象となる契約をしていました。それが先の大震災で、建物にはわかるような損害なかったものの、念のため保険会社に問い合わせをしてみたのです。すると、一部損という判定となって100万円近い保険金が出ました。しかも、その後の余震でも二度、保険金を受け取っています。
地震の被害では家財の分が大きなダメージになると聞いていましたが、我が家の場合は毎月の保険料が負担になるので建物だけにしていました。今回の場合、結果的には建物の保険金で家財を買い替えることができたので助かりました。

あいおいニッセイ同和の火災保険の口コミ評判6
台風被害でガラスと家財の補償を受け取ったケース

我が家は台風が多い地域ではないので、火災保険に加入する時も「風災は外そうか」と迷っていました。ですが、自然災害はいつどこで起きるかわからないものだと主人にも言われたので、一応風災付きで加入することに。ですが、その何年か後、実際に大型の台風が直撃したことがありました。
台風被害のないエリアだったためそのための備えなども特になく、窓ガラスは割れて家の中に雨が吹き込み、家財も水浸しになってしまいました。そのことをあいおいニッセイ同和の担当者に伝えると、窓ガラスも家財もすべて火災保険で賄うことができると聞いて一安心!考えてみれば、風災も火災と同じく起きる確率は低いですが、せっかく保険に入っているのですから、安心のためにも付けておくべきだということが身に沁みました。

あいおいニッセイ同和の火災保険の口コミ評判7
落雷で家電と屋根が壊れてしまったケース

あいおいニッセイ同和の火災保険に加入してから、火災などもなく保険をかけていることすら忘れているくらいでした。ですが、ある日の夜、突然の落雷で我が家の屋根が一部壊れて、その上パソコンまで動かなくなってしまったのです。まさか落雷でこんなに大きな被害を被ることになるとは思っておらず、親しくしている工務店の方に修理を依頼したところ、火災保険が使えるのではないかと伺いました。
早速連絡してみると、屋根の修理代が出るだけではなく、パソコンの分の保険金も受け取れるとのこと。まさか、落雷で火災保険を使うことになるとは思っておらず、いろいろな面で利用できることに感心しました。無事、こちらの負担なく屋根の修理とパソコンの買い替えをすることができてほっとしています。

悪い口コミ

あいおいニッセイ同和の火災保険の口コミ評判8
風災被害にあって保険料請求の連絡をしたケース

今までも火災保険には加入していましたが、幸いなことに利用する機会はありませんでした。それが、先日竜巻による被害に遭ってしまい、火災保険の風災で住宅の修繕費を補填してもらおうと初めて連絡しました。
電話をかけて担当の方に被害状況を伝えたまでは良いのですが、対応がちょっと遅かった印象です。一週間経っても全く何の連絡もありません。最終的には保険金を受け取ることができて事なきを得たのですが、それまで住宅の修繕もできず、不安が募る一方でした。あいおいニッセイ同和は口コミでの評判も良いと聞いていたのですが、更新の際には他の保険会社も検討してみようかと思います。

▶ 公式サイトで詳しい情報を見る

※あいおいニッセイ同和公式ページの「マイホームぴたっと」紹介ページに移動します

ページ上部へ戻る