• 人気の火災保険10種類 保険料の比較一覧
  • 保険料は?補償内容は?火災保険はじめてガイド
  • あなたにピッタリな火災保険の選び方
  • よくある疑問を解決Q&A
  • サイト内で困ったらココ 火災保険の用語辞典
これで安心!火災保険比較ランキング » 朝日火災の火災保険を調査

朝日火災の火災保険ってどんなもの?

朝日火災の火災保険について、サービス内容や口コミ評判などを紹介していきます。

朝日火災ってどんな保険会社?

朝日火災ロゴ
  • ●会社名/朝日火災海上保険株式会社
  • ●本社所在地/東京都千代田区神田美土代町7番地 住友不動産神田ビル
  • ●設立/1951年2月
  • ●資本金/51億5,315万円

朝日火災は現在、野村グループに所属する損保会社。もともとは1951年に野村證券、大和銀行、第一銀行などが集って設立した会社です。
1962年には当時の国鉄鉄道保険部と合体したこともありますが、合併吸収が多い損保業界の中では変わらず実績を積んできた実直さがあります。規模的には中堅にカテゴライズされますが、国内損害保険ビジネスに特化しているのが特徴で、資金力の基準となるソルベンシーマージン比率は600%近い数値を誇っています。

保険商品としては火災保険をはじめ傷害保険、自動車保険、レジャー保険に加えて積立型保険もラインナップしています。
利用者からの意見を重視する体制も確立していて、事故対応時サービスについてはアンケート結果で大変満足と満足を足した数値が80%を超えているほど。近年は代理店とのパートナーシップ強化にも力を入れていて、全国3000店以上で朝日火災の商品を取り扱っています。
なお、通販型保険はありませんが、火災保険ではハウスメーカーと、レジャー保険では旅行会社と提携するなどして販路拡大とサービスの充実を図っています。

ホームアシストのプラン内容

朝日火災の火災保険には2つの商品があります。 ひとつは満期戻総合保険のスーパージャンプ。これは掛け捨てではなく積立による火災保険で、満期まで事故なく過ごせば返戻金+契約者配当が受け取れるという商品。
もうひとつは家庭総合保険のホームアシスト。こちらが他社競合商品と比較対象としやすい火災保険で、フリープランの設定など補償内容の組み合わせがかなり細かく設定できるのが特徴です。

ホームアシストの口コミ評判

朝日火災の火災保険が利用者にどう評価されているか、ネットの口コミ評判を調べて詳細ページ「口コミ評判まとめ」として紹介しています。ここでもその一例をピックアップしておきます。

自宅を買った時は不動産会社の勧める火災保険に入ったのですが、朝日火災のセールスマンと会う機会があり、提案を受ける中で加入を決めました。対応は丁寧ですし、質問への答えも早く、他社の商品についても本当に詳しいことに驚きました。そして、改善点なども含めて提案されたプランは以前のものより8万円も安いもの。必要のないオプションを外すなど内容にも納得しできたし、保険料も抑えられたので満足しています。

他の口コミも含めて朝日火災の火災保険では、保険料の安さと補償内容の自由度の高さがいいという意見が多々見られます。また、他損保会社からの乗り換えをしたというケースもよくあり、火災保険加入の経験者には違いがわかりやすいようです。

朝日火災保険の自動車保険

PAP
画像引用元:朝日火災海上保険 PAP
http://www.asahikasai.co.jp/
family/tabid/122/Default.aspx

朝日火災の自動車保険は、個人用自動車保険の「ASAP」と総合自動車保険の「PAP」の2種類があり、プラン内容が変わってきますのでご紹介します。

朝日火災保険のプラン内容

「ASAP」は、個人専用の自動車保険で、対人賠償、対物賠償、人身傷害、車両保険をまとめたものです。対人や対物賠償の際の示談交渉サービスなど事故が解決するまでの対処も含まれます。

また人身傷害に関しては、自動車事故で死傷した場合の治療費、休業損害、逸失利益、葬儀費等に対して保険金が支払われます。

「PAP」は、個人と法人の両方に対して使える自動車保険で、車種や自家用や業務用など用途に関係なく必要な補償を組み合わせて契約することができます。

組み合わせは対人賠償、対物賠償、人身傷害、車両保険の4つから選ぶことができ、こちらもASAPと同じように対人や対物賠償事故の時は示談交渉サービスなども含まれています。

「ASAP」と「PAP」の両方とも、通常の車両保険では補償されない地震、津波、噴火などの車両損害に対しても補償することができる「車両地震特約」の追加もできます。

朝日火災の保険料

朝日火災はオンラインによるダイレクト通販はしていませんが、オンラインで保険料の見積もりを確認することができます。

例えばASAPにて、ブルー免許証、本人と配偶者限定、車種プリウスで見積もりを出してみた所、1年間のベーシックプランの保険料は77,130円で、セレクトプランでは117,810円でした。

そして朝日火災は7年間の長期で契約すると、総額が安くなるという独自のシステムを採用しています。同じ条件で7年にした場合の総額は、ベーシックプラン395,560円、セレクトプランは615,560円で、1年毎の契約で7年間続けた場合の総額539,910円、824,670円よりも断然安くなります。

朝日火災の口コミ評判

「7年契約にすると保険料が安くなるということで、他の損保から乗り換えました。ダイレクト通販だと紙の上だけですが、直接会って話しを聞けたので安心して契約できました。電話対応もきちんとしていたし、事故を起こしても6年の間に1回なら等級が変わらず保険料が変わらないところも気に入っています」

通常なら保険期間中に事故を起こすと、翌年度の保険料が上がってしまいます。でも朝日火災の自動車保険の長期契約なら、3等級ダウン事故が1件だけであれば、次の契約の時の事故を起こすと保険料が上がる目安になる数字である事故有係数適用期間は0年となり、保険料は上がりません。

保険料は自動車保険を決める大きな要因の1つであり、事故有係数適用期間によって保険料が上がる原因にもなるので、1件だけなら0年というのは大きなメリットといえます。

朝日火災が選ばれる理由

インターネット通販や直販型であるダイレクト型に比べると、朝日火災は代理店型ということで、何か心配事があった際など担当者と直接話せて、交渉できるということで選ぶという人も多いです。

ダイレクト型に比べて保険料は少し高めですが、最長7年の長期契約が可能な「ASAP6」は1年契約するよりも保険料がお得なため、他の火災保険から乗り換える人も少なくありません。

また地震や津波といった自然災害を補償してくれる車両地震特約や、保険料が上がってしまう原因になる事故有係数適用期間についても、1件までなら0年となり保険料は上がらないといった、朝日火災独自の補償がある点も嬉しいですね。

このようなお客様目線で考えたサービス展開が、朝日火災が多くの人に選ばれる最大のポイントといっていいでしょう。

ページ上部へ戻る