• 人気の火災保険10種類 保険料の比較一覧
  • 保険料は?補償内容は?火災保険はじめてガイド
  • あなたにピッタリな火災保険の選び方
  • よくある疑問を解決Q&A
  • サイト内で困ったらココ 火災保険の用語辞典

 

ホームアシストのプラン内容

3つのプラン+フリープランがある朝日火災の火災保険、ホームアシストに関する補償内容、保険料、サポートサービスなどを紹介します。

朝日火災のサイトキャプチャ

補償の組み合わせが豊富!ホームアシストの基本情報

火災保険としてのホームアシストのサービス内容を以下にまとめてみました。

補償内容

災害と補償されるプラン一覧
災害 プラン
火災、落雷、破裂・爆発
(例:家が消失してしまった。)
全てのプラン
風災・雹(ひょう)災・雪災
(例:雪の重みによって屋根が壊れてしまった。)
  • ワイドプラン
  • ベーシックプラン(自己負担額を選ぶことができます)
  • エコノミープラン(自己負担額を選ぶことができます)
  • フリープラン(自己負担額を選ぶことができます)
水災
(例:ゲリラ豪雨で洪水し床上浸水してしまった。
  • ワイドプラン(特約などにより補償を外すことが出来ます)
  • ベーシックプラン(特約などにより補償を外すことが出来ます)
  • フリープラン(特約などにより補償を外すことが出来ます)
建物外部からの物体の落下・飛来・衝突・倒壊など
(例:隣接するマンションから物が落下し屋根の一部が破損した。)
  • ワイドプラン
  • ベーシックプラン
  • フリープラン(特約などにより補償を外すことが出来ます)
給排水設備・他人の戸室で生じた事故による水濡れ
(例:給排水設備に生じた事故によって家財が水濡れしてしまった)
  • ワイドプラン
  • ベーシックプラン
  • フリープラン(特約などにより補償を外すことが出来ます)
騒擾、集団行動、労働争議に伴う暴力・破壊行為
(例:労働争議が起き、家の門が破壊された。)
  • ワイドプラン
  • ベーシックプラン
  • フリープラン(特約などにより補償を外すことが出来ます)
盗難による窃取・損傷・汚損
(例:空き巣に窓ガラスを割られてしまった。)
  • ワイドプラン
  • ベーシックプラン
  • フリープラン(特約などにより補償を外すことが出来ます)
不測かつ突発的な事故
(例:部屋の模様替えをしていて誤ってテレビを落としてしまった。)
  • ワイドプラン
  • ベーシックプラン(自己負担額を選ぶことができます)
  • フリープラン(自己負担額を選ぶことができます)
プランと費用
プラン共通の費用 対象プラン
地震火災費用
(地震や津波による火災によって建物の半焼以上になった場合に保険金額に応じて上限300万円までをサポート)
全てのプランで可能
災害時費用
(特定の事故によって保険金が支払われるときに保険金額に応じて上限500万円までをサポート)
全てのプランで可能
緊急時仮住まい費用
(特定の事故によって建物が一定以上の損害を被り、仮の居住施設に対して賃料や宿泊料を負担したときに実費を補償)
全てのプランで可能
(保険の対象が建物の場合に限り補償)
水道管修理費用
(居住する建物の専用水道管が凍結によって損壊し、修復費用を支出したときに実費を補償)
全てのプランで可能
(保険の対象が建物の場合に限り補償)
錠前交換費用
(出入り口のドアの鍵を盗まれた際、ドアロックの交換に費やした金額を補償)
全てのプランで可能
(保険の対象が建物の場合に限り補償)
損害防止費用
(火災や落雷の事故での損害に対しての未然の防止や拡大を防ぐための有益な費用の実費を補償)
全てのプランで可能
特別費用
(特定の事故により、保険金が支払われる際、保険の契約が終了するときに損害保険金を補償)
全てのプランで可能
(保険の対象が建物の場合に限り補償)

リスク細分型にし、一定の範囲で自ら補償の範囲を選択することが可能。全ての災害をカバーしたワイドプランから、火災・落雷・爆発と風災・雹(ひょう)災・雪災に絞ったエコノミープラン、自分でどの災害をカバーするかを選べるフリーまで、さまざまなプランで状況に合った補償をします。
特約もセットにすることで日常生活のリスクまでトータルサポートすることができます。

保険料

保険料/25,800円(5年)
前提条件/東京都の一戸建て(T構造)、保険金額1,000万円
プラン/ワイドプラン
付帯する費用保険金/上記の費用補償

保険料/110,550円(5年)
前提条件/神奈川県の一戸建て(H構造)、保険金額1,500万円
プラン/ワイドプラン
付帯する費用保険金/上記の費用補償

どの災害リスクにも共通して保険金が支払われない場合について

ケース1. 天災によるもの

突然の惨事である震災。自らいつ地震が起きるのか予測をできないのが困ってしまうところです。残念ながら、朝日火災のでは震災による対象物の損壊によって、保険金を受け取ることができません。ですので、ホームアシストの加入の際は地震保険とのセットで考える必要があるのです。

  • ・地震もしくは噴火またはこれらによる津波によって生じた損害

引用元:朝日火災ホームアシストパンフレット[平成29年10月改定版]p.20

ケース2. 故意や法に触れる損害

不当に保険金を受け取ることができないようになっている規定です。わざと損害を起こしたり、法に触れるような損害を起こしたり、保険金目的で対象物を壊しても保険金は降りません。当事者はデメリットしかありませんので、絶対にやめましょう。

  • ・ご契約者、被保険者または保険金を受け取るべき者の故意もしくは重大な過失または法令違反による損害

引用元:朝日火災ホームアシストパンフレット[平成29年10月改定版]p.20

ケース3. 不測の事態

どの項目も未然に防げるものではないというのが悔しいところ。国や団体が関わってくるので、対策としてはどうしても難しいです。残念なことに運悪く家が倒壊したり、焼失したり、悲惨な状況を考慮して火災保険を検討するよりは他の項目に目を向けて加入するかどうかを考えるほうがいいでしょう。

  • ・戦争、内乱、その他これらに類似の事変または暴動によって生じた損害
  • ・核燃料物質に起因する事故による損害

引用元:朝日火災ホームアシストパンフレット[平成29年10月改定版]p.20

ケース4. 経年劣化

経年変化で保険金を受け取れないだけでなく、ねずみ食いや虫食いなど害虫によって損壊を受けた場合においても難しいのが辛いところ。ですが、対象物の機能が著しく損失しない限りは、保険金を支払われないことを留意しておくのがいいでしょう。ただ、場合によっては該当する可能性もありますので、保険会社に確認するのが得策です。

  • ・保険の対象の自然の消耗もしくは劣化または性質による変色、変質、さび、かび、腐敗、腐食、浸食、ひび割れ、剥がれ、肌落ち、発酵もしくは自然発熱の損害その他類似の損害など
  • 引用元:朝日火災ホームアシストパンフレット[平成29年10月改定版]p.20

ここまで、各リスクや災害の補償での注意において、パンフレットの内容を引用元しつつ解説してきました。不測かつ突発的な事故については、上記保険金が支払われない場合のほか、下記の保険金が支払われないケースがさらに加わります。

不測かつ突発的な事故のリスクにおいて保険金が支払われない場合について

万が一保険金詐欺に巻き込まれ対象物の損壊を被った場合でも、保険金の受け取りはできません。また、虚偽の申請をするために、わざと損壊するのもアウトですので絶対にやめましょう。

  • ・詐欺または横領によって保険の対象に生じた損害

引用元:朝日火災ホームアシストパンフレット[平成29年10月改定版]p.20

●次に掲げる物に生じた損害

身体につけるものや頻繁に手にするもの、動物や植物に起きる損害は保険金が支払われません。このページでは記しておりませんが、スマートフォンも同様の扱いになります。また、公権力が行使されて影響した損害や自然災害による損害においても保険金が支払われないので注意が必要です。

  • ・義歯、義肢、コンタクトレンズ、眼鏡等
  • ・動物および植物

引用元:朝日火災ホームアシストパンフレット[平成29年10月改定版]p.20

※上記の朝日火災のホームアシストに関する情報は、パンフレットの一部の概要を抜粋、説明したものです。ご契約にあたっては必ずホームアシストに関する情報のパンフレット、および「重要事項のご説明契約概要のご説明・注意喚起情報のご説明」を あわせてご覧ください。

サポートサービス

サポートサービス サポート内容 対象プラン
生活救急車 24時間対応で開錠や、防犯性の高い鍵への交換、不注意や突風によるガラスの取付や販売、水回りのトラブルにJBRサービスを提供。 ご契約者全て

特約

ワイドプランの場合、建替費用補償特約、共用部分修理費用補償特約、防犯対策費用補償特約、持ち出し家財補償特約が自動セットされます。
他に引越し中の損害補償特約、類焼損害補償特約などがオプションで契約可能となっています。

メニュー 内容 対象
建替費用補償特約 事故によって建物が一定以上の損害を受けて、同様の建物を再建した費用を補償 ワイドプラン自動セット
共用部分修理費用補償特約 バルコニーなどの使用を共有する部分が損害を受けて修理した場合の費用を補償 ワイドプラン自動セット
防犯対策費用補償特約 建物に不法侵入を伴う犯罪があり、また起こる防止策のためにカメラの設置などの費用を補償 ワイドプラン自動セット
持ち出し家財補償特約 建物から旅行などで持ち出した家財が国内で事故によって損害を受けた場合に保険金を補償 ワイドプラン自動セット
ベーシックプラン自動セット
引越し中の損害補償特約 引っ越しに伴って、転居先に家財の搬送中、事故により被害を受けた場合に保険金を補償 希望によりセット可能
※エコノミープラン不可
類焼損害補償特約 自宅から発火した火災や爆発の事故によって近隣住宅や、家財に損害を与えたときの費用を補償 希望によりセット可能
個人賠償責任補償特約 日常生活の中で偶発的な事故を家族の方が起こし、第三者にケガをさせたり、財物に損害を与えたとき、法律上の損害賠償責任を負担する場合に費用を補償 賠償事故解決に関する特約自動セット
借家人賠償責任補償特約 借用している戸室が火災や爆発によって。損壊し、貸主に対して法律上の損害賠償責任をに対して規約に基づいた修理費用を補償 修理費用補償特約自動セット

ホームアシストってどんな保険?

上でも触れましたが、ホームアシストの大きな特徴は補償内容の組み合わせバリエーションが極めて豊富な点にあります。例えばワイドプランならフルカバーもできますし、マンションならここから水災を外すという選択ができるわけです。また、フリープランなら火災、落雷、破裂・爆発、風災・雹災・雪災以外の補償内容はすべて選択自由なので、これらの組み合わせによってほとんどのニーズに最適化された火災保険ができあがります。
また、保険金の計算方法は新価実損払方式を採用。これによって災害に遭ったタイミングで、契約時の価値と同等の保険金を受け取ることもできます。ただし、保険期間が5年を超えている場合、建築費や物価の変動によっては保険金の調整や保険料の請求・返還がなされる場合があります。

ホームアシストはこんな人にオススメ

補償内容のバリエーションが多種多様なので、費用対効果を綿密に計算した上で火災保険を選びたいヒトにはおすすめできます。これに費用補償や特約も合わせて考えると、見積もりはかなり詳細なものになり、十分に納得のいくまで検討ができると思います。
ただし、その分自分だけで検討するとなるとやや心もとないので、代理店に相談して必要な補償と外しても影響が少ない補償やオプションはどれなのか、しっかりとアドバイスしてもらうべきところです。

ホームアシストの地震保険について

朝日火災で提供している火災保険「ホームアシスト」では地震による補償が行われないため、火災保険とは別で地震保険を申し込まなくてはいけません。これは地震保険に関する法律「地震保険法」に基づいた制度で、国と民間の損害保険会社が共同で取り組んでいます。ここでは朝日火災が提供する地震保険の内容や対象となるケースについて紹介しています。

朝日火災の地震保険の概要

地震保険は、住居用の建物と建物内にある家財を対象とした保険です。火災保険が適用されない地震・津波・噴火が原因で破損、消失した場合に補償が適用されます。地震保険単体で申し込むことはできないため、家庭総合保険のホームアシストとセットで申し込む必要があります。朝日火災の地震保険はすでにホームアシストを利用している方でも申し込めるので、便利に活用できます。

朝日火災の地震保険の対象

ケース1. 地震による火災被害

火災保険では地震によって起きた火災は補償してもらえません。しかし、地震保険に加入しておけば地震が原因の火災被害も補償可能です。

  • ・地震による火災被害

引用元:朝日火災電子パンフレット[2017年1月制度改定版]p.2

ケース2. 地震で建物が壊れた場合

地震が原因で建物が壊れてしまった場合は、もちろん地震保険の対象に。地震保険に加入しておけば壊れた建物や家財も保証してくれます。ただし、支払われる金額は損害の程度によって異なるため注意しましょう。

  • ・地震による建物の損壊

引用元:朝日火災電子パンフレット[2017年1月制度改定版]p.2

ケース3. 津波によって建物・家財が流された場合

津波は海底で地震が起こることで発生するため、津波で家が流されたり、家財が流されたりした場合も地震保険の対象となります。

  • ・津波で家・家財が流失した場合

引用元:朝日火災電子パンフレット[]2017年1月制度改定版]p.2

地震保険の対象とならないもの

ケース1. 故意もしくは重大な過失などによる場合

保険の契約者本人や被保険者がわざと損害を出したり事故を誘発したりした場合は、地震保険の対象になりません。あくまで地震による自然倒壊や火災が原因の損害だけが補償されます。

  • ・保険契約者、被保険者(補償を受けられる方)の故意もしくは重大な過失または法令違反による事故

引用元:朝日火災電子パンフレット[2017年1月制度改定版]p.2

ケース2. 地震の際に家からモノが紛失した場合

地震で建物や家財が壊れた場合は補償されますが、災害に伴うモノの盗難や紛失は保険対象になりません。もしもの場合に備え、貴重品や大切なものは盗まれないようにしっかり保管しておくのがベスト。

  • ・地震等の際における紛失または盗難

引用元:朝日火災電子パンフレット[2017年1月制度改定版]p.2

ケース3. 戦争・内乱で損害があった場合

保険会社にとって不測の事態である戦争や内乱は、事前に防ぐことが困難なもの。地震保険や火災保険で補償することはできません。

  • ・戦争・内乱などによる場合

引用元:朝日火災電子パンフレット[2017年1月制度改定版]p.2

ケース4. 地震の翌日から10日後に生じた事故

地震保険で補償される損害は、地震の発生日から10日の間に起こったものだけが対象です。11日目以降に起きた損害は地震保険の対象外になります。

  • ・地震等が発生した日の翌日から起算して10日を経過した後に生じた事故等

引用元:朝日火災電子パンフレット[2017年1月制度改定版]p.2

地震保険の支払いについて

ホームアシストに付帯している地震保険の支払いは、建物や家財の損害の大きさによって支払われる金額が違います。全額・大半損・小半損・一部損の4種類に分けられており、それぞれ保険金額の一定割(100%、60%、30%、5%)で支払われる仕組みです。

損害の程度 建物 家財
全損 ご契約金額の100%(時価が限度) ご契約金額の100%(時価が限度)
大半損 ご契約金額の60%(時価の60%限度) ご契約金額の60%(時価の60%が限度)
小半損 ご契約金額の30%(時価の30%が限度) ご契約金額の30%(時価の30%が限度)
一部損 ご契約金額の5%(時価の50%が限度) ご契約金額の5%(時価の5%が限度)

引用元:朝日火災電子パンフレット[2017年1月制度改定版]p.2 ⑧地震保険のお支払金額

地震保険での補償金額は、日本損害保険が定める「地震保険損害認定基準」にしたがって定められています。国の方針として決められている「災害に係る住家の被害認定基準運用指針」とは異なるため、補償申請の際は注意が必要です。また、損害が全損と認められた場合は損害が生じた時までさかのぼり、地震保険の補償を終了します。そのため、補償が終わった後に発生した地震で生じた損害は補償対象になりません。

※上記の朝日火災のホームアシストに関する情報は、パンフレットの一部の概要を抜粋、説明したものです。ご契約にあたっては必ずホームアシストに関する情報のパンフレット、および「地震保険の内容」をあわせてご覧ください。

ページ上部へ戻る