• 人気の火災保険10種類 保険料の比較一覧
  • 保険料は?補償内容は?火災保険はじめてガイド
  • あなたにピッタリな火災保険の選び方
  • よくある疑問を解決Q&A
  • サイト内で困ったらココ 火災保険の用語辞典
これで安心!火災保険比較ランキング » 富士火災海上保険の火災保険を調査

※このページの情報は2017年12月31日までのものです。
富士火災は2018年1月1日より、AIU損保と合併し「AIG損害保険株式会社」となっています。
AIG損保について詳しくは下記のページをご確認ください。

富士火災海上保険の火災保険ってどんなもの?

AIGグループに所属する富士火災海上保険の火災保険について、サービス内容や口コミ評判などを紹介していきます。

富士火災海上保険って
どんな保険会社?

富士火災海上保険ロゴ
  • ●会社名/富士火災海上保険株式会社
  • ●本社所在地/大阪府大阪市中央区南船場1-18-11
  • ●設立/1918年4月
  • ●資本金/559.81億円

富士火災海上保険のスタートは1918年、日本簡易火災保険としての設立が始まりです。100年近い歴史を持ちますが、バブル崩壊後には経営状況が厳しくなるなど紆余曲折を経て、2013年からはAIGグループに所属しています。

報道などで大手損保7社という表記の場合は富士火災海上保険もこれに含まれ、AIG富士生命保険は子会社になります。
外資系の傘下となったこともあり経営基盤は安定しています。なんといってもAIGは世界でもトップの企業。一方、母体は日本の老舗損保会社なだけあって実績やノウハウも豊富にあります。
保険商品としては自動車保険や火災保険、医療保険、レジャー保険などを扱っていて、もっとも注力しているのは自動車保険。事故対応の迅速さには定評があり、トラブル時には頼りになると思います。代理店は全国に約24000あり、加えて営業専門社員も全国に約2400名配置しているので、契約に伴う相談でも困った時のサポートでも力になってくれます。

未来住まいるのプラン内容

富士火災海上保険の火災保険は未来住まいる。6つのプランが用意されているので、戸建てとマンション、地域特性などを加味して必要十分なプランが選びやすいと思います。また、外資AIGグループの損保会社だけあって、保険料には割安感があります。パンフレットは電子ファイル、各種手続きもインターネットで完結するペーパーレス。さらに、保険料もウェブ申し込みだと10%割引が適用されるなど、積極的にネットを活用することがコスト削減にもなっているのでしょう。

未来住まいるの口コミ評判

富士火災海上保険の火災保険が利用者にどう評価されているか、ネットの口コミ評判を調べて詳細ページ「口コミ評判まとめ」として紹介しています。ここでもその一例をピックアップしておきます。

以前はマンションに住んでいて、新築一戸建てを購入したのですが木造住宅ということもあり、火災保険の補償内容についてはマンションの時とはかなり異なる補償内容を検討する必要がありました。海抜も低い立地でしたし、万が一の時の近隣への補償なども含めてプランを考えて、5社から見積をとったのです。その中で補償も充実していて保険料も安く感じたことから富士火災に決めました。引渡までの期間は短かったのですが、代理店の方にも詳しく説明してもらったのがよかったです

他の口コミも含めて富士火災海上保険の火災保険では、保険料が他社より安いといった意見が見受けられます。また、災害時の対応ぶりも評価が高く、保険料が安いからといって不安を感じる必要はないでしょう。

富士火災海上保険の自動車保険「AAI(一般用総合自動車保険)」

AAI(一般用総合自動車保険) 画像引用元:AAI(一般用総合自動車保険)
(https://www.aig.co.jp/sonpo/personal/product/auto/aai)

2018年1月、合併によりAIG損害保険となり生まれ変わった富士火災海上保険の新しい保険商品です。全国の85都市に損害サービスの専門スタッフを配置。事故対応は24時間365日行っています。

AAI(一般用総合自動車保険)のプラン内容

全用途車種が対象となった個人および法人向け自動車保険で、補償内容を自由に設計できるという特長があります。

ニーズに合わせて3つのパッケージ商品が用意されており、事故の際電話代理対応のサービスが組まれた「ミューズ」、ロードレスキューや安心コール1、事故時自宅訪問がプラスされた「ベリエスト」、すべてのサービスが組まれた「ベリエストミューズ」から選択可能です。

また、法人向けに従業員のケガに備えたオプションを付けることもできます。

AAI(一般用総合自動車保険)の保険料

被保険者が個人の場合は、運転者の限定に関する特約、運転者年齢条件特約、記名被保険者年齢別料率区分、割引で決定(例:運転者本人・配偶者限定で7%割引、家族限定で1%割引)します。また、被保険者が法人の場合は、運転者年齢条件特約、割引で決定します。

AAI(一般用総合自動車保険)の口コミ評判

  • 免許をとったばかりで事故を起こし、焦りと不安でパニックになっていたところ、担当の方が非常に親切にアドバイスしてくれました。
    サービス精神を感じるとともに、焦りや不安が和らぎました。夜間でありながら何度も連絡をしていただき、テキパキとした対応で心強かったです。
  • 保険料は安すぎず高すぎず妥当な金額だと思います。こちらの保険に入っていると、安いだけで保険を選ぶのはダメだなと感じます。いざというときの対応やレッカーサービスが他社と比べて圧倒的に良いからです。
    私が事故の加害者になってしまったときも、初期対応がスピーディーでかつ相手の方への適切な対応をしてもらいました。結果、きちんと保険がおり自己負担なく解決しました。
  • 停車の状態でライトを付けっぱなしにしバッテリーが上がってしまったことがあり、その際にロードサービスを利用しました。単独運転で頼れる人もいなく慌てて電話したところ、忙しい時期にもかかわらず数十分後にきてくれました。

富士火災海上保険が選ばれる理由

富士火災海上保険にはさまざまな保険商品がありますが、高いお客様満足度はどのような理由で生まれているのでしょうか。

長い歴史で積み上げた信頼

同社は大正7年に設立された日本簡易火災保険が前身となり、常磐簡易火災保険株式会社の吸収合併を経て昭和24年に名称を富士火災海上保険に変更しています。

平成23年にAIGグループとなり、現在にいたるまで100年近い歴史を持っています。その長い歴史の中で積み上げた信頼は非常に大きいものといえるでしょう。

個人向け、法人向けとニーズに合った商品

個人向けではくるま、住まい、医療、けが、レジャーと大きく分けて5つの保険商品を取り扱っています。

一方、法人向けでは経営者・社員、従業員、財物、利益減少、賠償・危機管理、貿易・海外投資、自動車と7つのリスクに備えた保険商品の取り扱いがあります。契約者のニーズに合った幅広い商品プランで多くの人に選ばれています。

全国に点在する代理店

AIG損害保険として吸収合併された現在、その規模はこれまで以上に大きくなっています。AIGグループとして保険事業を世界各国にまで展開。推奨代理店および海外旅行保険代理店、営業拠点、損害サービスセンターは全国に点在し、一丸となって契約者の方のサポートを行っています。

ページ上部へ戻る