• 人気の火災保険10種類 保険料の比較一覧
  • 保険料は?補償内容は?火災保険はじめてガイド
  • あなたにピッタリな火災保険の選び方
  • よくある疑問を解決Q&A
  • サイト内で困ったらココ 火災保険の用語辞典

火災保険の補償【破損・汚損】

突発的なトラブルによる破損、汚損に関して、火災保険の補償範囲やかかる費用、受け取れる保険料などを紹介します。

フルカバー-水災のプランに見る破損、汚損の火災保険の費用

主要火災保険を調べてみると破損、汚損が含まれるプランはフルカバーのプランから水災だけを外したパターンに多く見られます。それもあって破損、汚損という補償項目に限定した保険料を算出するのは難しく、見積シミュレーションでは破損、汚損を含むプランで比較的安価となる、フルカバーから水災を除いたプランの保険料の相場をチェックしてみました。条件は以下の通りです。

  • 所在地/東京都
  • 建物構造/一戸建て(T構造)
  • 保険金額/1,000万円
  • 補償範囲/フルカバー-水災
  • 契約期間/5年

ここから保険料相場を導き出すと、18,000円台から28,000円台といったところになります。

火災保険における破損、汚損の補償範囲

火災保険で破損、汚損といった場合、通常は自然災害以外の偶発的なトラブルを意味しますが、具体的な詳細定義は損保会社及び保険商品による違いもあります。

  建物 家財
破損、
汚損
室内で壁やドア、ガラスなどに何かをぶつけて破損した場合 意図せず補償対象の家財を壊したり汚したりしてしまった場合

これを実際の生活シーンにあてはめてみると、日常的な家具の移動でフローリングにキズをつけても補償対象にはなりませんが、模様替えで大物家具の移動中によろけてドアを壊してしまったという場合、補償対象となる保険もあります。子供が遊んでいてガラスを割ったりしたケースも補償されることがありますが、家財の場合だと、それ自体の使用中に壊したりした場合ではなく、掃除中に液晶テレビを誤って倒したというような不慮の事故が該当するといった具合です。

また、火災保険としては補償範囲であっても、どの補償に分類するかが微妙なケースもあります。例えば、外壁にペンキで落書きされた場合は破損・汚損の範疇で、スプレーで落書きされた場合は外来物の衝突になることもあるようです。

いうまでもなく、原因が不明だったり劣化などによる破損、汚損は補償対象とはなりません。破損、汚損を補償に選んだからといって、知らないうちにできたヘコミや亀裂は補償外ですし、見た目にはキズや汚れができた場合でも機能的に見て支障がなければ保険金はおりないのが一般的です。

火災保険における破損、汚損の保険金

破損、汚損で保険金がおりるのは不測かつ突発的なトラブルによる損害なので、様々なケースが当てはまるようでいて、個々の保険商品による違いもあるので一概に言及することができません。

なお、火災保険の公式サイトで破損、汚損に関する保険支払事例が掲載されていたケースには以下のようなものがあります。

  • 物の移動中にドアを破損した事例/保険金総額269,000円

これに代表されるように家具の移動中にドアや壁、ガラスなどを壊してしまった場合は保険金がおりるようです。故意ではないという点がポイントで、保険金の支払基準がどうなっているかは具体的な事例をベースにヒアリングしてみることをおすすめします。

ページ上部へ戻る