• 人気の火災保険10種類 保険料の比較一覧
  • 保険料は?補償内容は?火災保険はじめてガイド
  • あなたにピッタリな火災保険の選び方
  • よくある疑問を解決Q&A
  • サイト内で困ったらココ 火災保険の用語辞典

火災保険の補償【水災】

洪水や土砂崩れなどによる水災に関して、火災保険の補償範囲やかかる費用、受け取れる保険料などを紹介します。

マンションでは除外しがちな水災の火災保険の費用

マンション専用プランでは外されているケースが多い水災。一戸建てでも立地によっては除外して契約するヒトもいますが、近年の異常気象を踏まえると、リスクが少ないわけではありません。

見積シミュレーションでは火災、落雷、破裂・爆発と風災、雹災、雪災に水災を加えたプランで保険料の相場をチェックしてみました。条件は以下の通りです。

  • 所在地/東京都
  • 建物構造/一戸建て(T構造)
  • 保険金額/1,000万円
  • 補償範囲/火災、落雷、破裂・爆発+風災、雹災、雪災+水災
  • 契約期間/5年

ここから保険料相場を導き出すと、25,000円前後といったところになります。

また、一部には火災、落雷、破裂・爆発と水災だけを選択できる火災保険もあり、こちらを同条件で試算してみると保険料は15,800円となります。

水災の補償には残存物取片づけ費用が含まれまる場合とオプションになっている場合があるので、比較する際はこの点もチェックするようにしてください。

火災保険における水災の補償範囲

水災とは一般的に洪水や高潮の他、土砂崩れによる被害なども含まれます。台風による大雨で土砂崩れが起きた場合、これが風災と水災どちらになるのかといえば、通常は水災に分類されます。台風の備えは風災だけでは十分でないということが、こうしたことからもわかります。

  建物 家財
風災 台風や豪雨による洪水で建物が流されたり床上浸水した場合。土砂崩れによる被害も含む 台風や豪雨による洪水で家財が流されたり床上浸水で被害を受けた場合。土砂崩れによる被害も含む

なお、水災の補償では再調達価額に対して一定割合以上の損害があった場合に保険金が支払われるという条件もあるので注意してください。

また、一般的に高潮は水災に含まれますが、津波による被害は除外されます。

火災保険における水災の保険金

水災で保険金がおりるのは一般的に床上浸水以上の被害があった場合。さらに、商品によっては損害の度合によって保険金額が変動するものもあります。例えば以下のようなパターンです。

  • 損害が再取得価額の15%未満の場合/保険金額は支払限度額の5%
  • 損害が再取得価額の15~30%未満の場合/保険金額は支払限度額の10%
  • 損害が再取得価額の30%以上の場合/保険金額は損害額の70%

また、火災保険の公式サイトで水災に関する保険支払事例が掲載されていたケースには以下のようなものがあります。

  • 集中豪雨で床上浸水した事例/保険金総額1,527,000円

なお、家財については水災を補償対象にしていたとしても、水濡れや破損、どさくさに紛れての盗難があった場合、水災以外の補償範囲になることもあります。水災は河川の周辺や山間部などでリスクが高いイメージがありますが、集中豪雨などが頻発している昨今、水はけが悪ければ都市部でも床上浸水の被害に遭う可能性は十分あります。安易に補償から外すのではなく、保険料と保険金のバランスを試算した上で検討するのがおすすめです。

ページ上部へ戻る