• 人気の火災保険10種類 保険料の比較一覧
  • 保険料は?補償内容は?火災保険はじめてガイド
  • あなたにピッタリな火災保険の選び方
  • よくある疑問を解決Q&A
  • サイト内で困ったらココ 火災保険の用語辞典

水漏れ、水濡れを補償する保険

給排水設備のトラブルによる水漏れ、水濡れに関して、火災保険の補償範囲やかかる費用、受け取れる保険料などを紹介します。

非自然災害の水のトラブル、水漏れや水濡れの火災保険の費用

火災保険の多くのプランでは水漏れ、水濡れは独立した項目になっている商品よりも物体の衝突や騒擾などと一緒にグルーピングされているパターンが目立ちます。また、自然災害を除外したプランがある商品では標準で水漏れ、水濡れに対応しているものがあります。

なお、見積シミュレーションでは火災、落雷、破裂・爆発と風災、雹災、雪災に加えて水漏れ、水濡れを含むプランで保険料の相場をチェックしてみました。条件は以下の通りです。

  • 所在地/東京都
  • 建物構造/一戸建て(T構造)
  • 保険金額/1,000万円
  • 補償範囲/火災、落雷、破裂・爆発+風災、雹災、雪災+水漏れ、水濡れ他
  • 契約期間/5年

ここから保険料相場を導き出すと、17,000円から23,000円前後といったところになります。

また、一部には火災、落雷、破裂・爆発と水漏れ、水濡れを含む補償の2項目を選択できる火災保険もあり、こちらを同条件で試算してみると保険料は13,000円から15,000円程度となります。

火災保険における水漏れ、水濡れの補償範囲

火災保険で水漏れ、水濡れといった場合、給排水設備に関連するトラブルを指し、自然災害による水害は含まれません。

  建物 家財
水漏れ、
水濡れ
給排水設備によるトラブルなどで建物が被害を受けた場合 給排水設備によるトラブルなどで家財が被害を受けた場合

なお、給排水設備自体の損害が補償範囲に入るかどうかは商品ごとにチェックをしておく必要があります。また、給排水設備の老朽化や劣化が原因の場合、補償されないことも憶えておいてください。一般的な保険の考え方は予測不能で突発的に起こるトラブルに備えるもの。設備の劣化は十分予測できるので、補償対象外となるわけです。

マンションの場合、他者所有や共有部分の給排水設備が水漏れ、水濡れの原因となることがあります。契約内容や状況にもよりますが、自分が被害を被った場合は補償対象となり、自分が加害側の場合は補償対象外となる傾向があり、後者をカバーするには個人賠償責任特約といったオプションを契約しておく必要があります。

上でも触れたように水漏れ、水濡は自然災害による損害は含まれないので、風災・雹災・雪災や水災に分類されるトラブルだと、暴風雨などによる被害なら風災が適用され、洪水などの被害なら水災を契約に含めていないと補償対象とならないわけです。

火災保険における水漏れ、水濡れの保険金

水漏れ、水濡れのトラブルは建物構造によって被害状況が大きく変わってしまう傾向があります。マンションで上階に住んでいる場合、自分の所有部分で水漏れを起こすと直下の部屋以外にも被害を出すリスクがあります。一戸建てでも2階にもトイレなどの設備があれば給排水管を配置しているわけで、上階で水漏れがあると下階にも被害が及ぶことは必定です。

なお、火災保険の公式サイトで水漏れ、水濡れに関する保険支払事例が掲載されていたケースには以下のようなものがあります。

  • マンションの風呂の水が漏水した事例/保険金総額300,000円
  • 天井裏の水道管が壊れて水濡れした事例/保険金総額711,000円
  • 防水パンから排水が溢れた事例/保険金総額896,260円

ページ上部へ戻る