• 人気の火災保険10種類 保険料の比較一覧
  • 保険料は?補償内容は?火災保険はじめてガイド
  • あなたにピッタリな火災保険の選び方
  • よくある疑問を解決Q&A
  • サイト内で困ったらココ 火災保険の用語辞典

台風・竜巻被害を補償する保険

台風・竜巻による屋根の損傷は、火災保険で補償してもらえることをご存知ですか?保険料や補償範囲、受け取れる保険金や申請時に必要な書類についてまとめています。

台風・竜巻被害の保険費用

屋根に及ぶ被害のことを総括して「風災」と言います。風災にあたるのは、瞬間最大風速20メートル/秒の風が原因で起きた強風被害、雹や積雪による被害などです。 瞬間最大風速20メートル/秒とは、主に台風・竜巻によるもの。強風による屋根の破損や飛来物による壁の損害などが対象にあたります。風災補償は、火災保険のオプションとしてつけるケースがほとんど。しかし、火災に比べると風災被害は少ないので、オプションをつけている人は少ないのが現実です。1つ、見積もりシミュレーションをご紹介します。

  • 所在地/東京都
  • 建物構造/一戸建て(T構造)
  • 保険金額/1,200万円
  • 補償範囲/火災、風災(台風・竜巻被害含む)
  • 契約期間/10年

この物件条件で見積もりシミュレーションした保険料は68,880円です。,000円台から20,000円強といったところになります。

そこまで高い保険料ではありませんが、竜巻が多いエリアになると、内容は大きく変わります。同様の住宅条件で、所在地が北海道だった場合の保険料は93,480円、秋田県だった場合は118,080円、高知県は119,040円、宮崎県は195,840円、鹿児島県は214,560円、沖縄県は225,360円です。

保険料は高くなってしまうものの、これらのエリアは1991~2015年の間に20件以上もの竜巻が発生しているので、住んでいる人は風災オプションのついた火災保険に入っておいて損はないでしょう。

台風・竜巻被害の補償範囲

台風・竜巻による被害の補償範囲は明確に決まっていません。基本的には、強風による屋根の損傷すべてが台風・竜巻被害の対象となるものの、経年劣化の度合いによって原因が台風や竜巻であるか、そうでないか判断されます。

  建物 家財
台風・竜巻被害 台風や竜巻で瓦が飛ばされたり、屋根の一部が剥がれ落ちたりした場合。 台風や竜巻で飛んできた飛来物が屋根あたり、穴が開いてしまった場合。強風による屋根破損で起こった雨漏り被害も含む。 屋根に取り付けたアンテナが強風により壊れてしまった場合。台風時の飛来物や強風によるカーポート・ベランダ家財・テラス家財などの破損被害も含む。

補償対象外となるケース

  • 台風・竜巻被害以前から経年劣化が見られた箇所
  • 風災以外の原因が大きいと思われる変色やサビ、カビ、浸食など
  • 保障対象箇所の加工や据え付け工事

台風・竜巻被害の保険金

台風・竜巻被害で保険金がおりるのは、損害額が200,000円を超えた場合です。損害額と保険金は以下のようにして決まります。

  • 損害額/修理する場合に必要となる金額から、修理時に交換した材料の価値(まだ使用可能な材料の価値)を差し引いた金額
  • 保険金額/損害額から免責金額(平均50,000円)を差し引いた金額

屋根の工事費は想像以上に高額となるケースが多いです。

例えば、台風の強い雨風で屋根の塗料が剥げてしまった場合、塗り直しにかかる費用相場は300,000~1,500,000円。剥がれたり割れたりしてしまった屋根の瓦を積みなおすには、500,000~1,800,000円ほどかかります。屋根にひび割れが見られた場合は、300,000~1,000,000円、それに伴う雨漏り修繕は200,000~2,500,000円かかることも。そのほとんどの費用を火災保険で負担してもらえるのですから、利用しない手はありません。

台風・竜巻被害の必要書類について

台風・竜巻被害にあった場合、台風・竜巻被害に提出する書類は以下4つの書類を用意します。

  • 保険金請求書/保険金請求者の署名・捺印・保険金受取口座などを記載
  • 事故状況説明書/事故発生日と発生場所・破裂や爆発の原因などを記載
  • 修理見積書/建築物の修理費用・破損物の修理費用などの見積もり・明細書を提出
  • 損害物の写真

提出書類の1つ「損害物の写真」ですが、2階以上の屋根の損傷を撮影するのはとても危険な行為。保険会社への申請前に、まずは専門業者へ調査を依頼することをおすすめします。専門業者に見てもらえば、プロの目で見積もりしてもらえますし、2階の屋根の写真撮影だってお任せできます。保険会社への連絡は、書類がそろってからでOK。保険申請の期限は「被害を受けてから3年以内」なので、問題はありません。

ほとんどの場合、保険会社は「一般社団法人 日本損害保険協会」の鑑定会社に経年劣化のチェックを依頼します。そして、保険金の詳細は鑑定会社の報告を元に決められる仕組みです。鑑定会社に見てもらう前に専門業者に見てもらっておけば、経年劣化扱いになるのか、はたまた風災扱いなのか、しっかりと確信を持てますよ。

ページ上部へ戻る