• 人気の火災保険10種類 保険料の比較一覧
  • 保険料は?補償内容は?火災保険はじめてガイド
  • あなたにピッタリな火災保険の選び方
  • よくある疑問を解決Q&A
  • サイト内で困ったらココ 火災保険の用語辞典

風災、雹災、雪災を補償する保険

比較的トラブルの可能性が高い風災、雹災、雪災といった災害に関して、火災保険の補償範囲やかかる費用、受け取れる保険料などを紹介します。

多くの商品で必須の補償、風災、雹災、雪災の火災保険の費用

火災、落雷、破裂・爆発に次いで多くの火災保険で必須補償に含まれていて、既製プランがある商品でも除外できないのが一般的な補償、それが風災、雹災、雪災です。そのため見積シミュレーションでは火災、落雷、破裂・爆発と風災、雹災、雪災の2つだけが選べるプランで保険料の相場をチェックしてみました。条件は以下の通りです。

  • 所在地/東京都
  • 建物構造/一戸建て(T構造)
  • 保険金額/1,000万円
  • 補償範囲/火災、落雷、破裂・爆発+風災、雹災、雪災
  • 契約期間/5年

ここから保険料相場を導き出すと、13,000円台から20,000円強といったところになります。

火災保険における風災、雹災、雪災の補償範囲

風災、雹災、雪災とは文字通り風・雹・雪による被害に関する補償。特に風災は台風や竜巻、暴風など全国どこであっても比較的被害に遭う可能性が高い災害です。風災、雹災、雪災という項目に関して、一般的には以下のようなケースで保険金が支払われます。なお、建物・家財それぞれあるいは両方を保険の対象にしていることが条件です。

  建物 家財
風災 台風、旋風、竜巻、暴風などによって建物に被害があった場合。ただし、これらに伴う洪水や高潮などによる被害は除外 台風、旋風、竜巻、暴風などの被害に伴って室内の家財に被害があった場合
雹災 雹によって屋根や壁、ガラスなど建物に被害があった場合 雹の被害に伴って室内の家財に被害があった場合
雪災 雪の荷重や落下、雪崩などにより建物に被害があった場合 雪の被害に伴って室内の家財に被害があった場合

風災の補償で注意しておきたいのが、建物と家財の関係です。例えば、台風で屋根が飛んでしまったり、ガラスが割れるなどして室内が水浸しになり家財が台無しになったとします。この場合、風災の補償範囲が建物だけだと家財の保険金はおりません。大型台風で建物が被害に遭った場合、室内にも浸水などによる被害が起きやすいので、補償範囲の検討時は副次的なトラブルも想定しておいてください。

雪が多い地域なら雪災のリスクも高くなりますが、融雪水や凍結、あるいは除雪作業によって被害に遭った場合は補償から外れる場合があります。

火災保険における風災、雹災、雪災の保険金

台風や雪崩による被害だと建物が全壊する可能性もありますが、風災、雹災、雪災という災害の場合、建物の一部が損壊するケースの方が多いでしょう。火災保険の公式サイトでは保険支払事例がいくつか掲載されているので、その中からピックアップしたものを紹介しておきます。

  • 台風で雨どいが破損した事例/保険金175,000円+臨時費用52,500円=227,500円
  • 雹で窓ガラスが割れた事例/保険金135,000円+臨時費用40,500円=175,500円
  • 積雪で車庫の屋根が破損した事例/保険金24,000円+臨時費用7,200円=31,200円

なお、これらはいずれも自己負担金が0円のケースで、自己負担金額によって受け取れる保険金額も変わってきます。

 

ページ上部へ戻る