• 人気の火災保険10種類 保険料の比較一覧
  • 保険料は?補償内容は?火災保険はじめてガイド
  • あなたにピッタリな火災保険の選び方
  • よくある疑問を解決Q&A
  • サイト内で困ったらココ 火災保険の用語辞典
これで安心!火災保険比較ランキング » 共栄火災の火災保険を調査

共栄火災/火災保険ってどんな保険会社?

火災保険「安心あっとホーム」を提供する共栄火災について、会社の概要やサービスの特徴、口コミ評判などを紹介します。

共栄火災って
どんな保険会社?

共栄火災ロゴ
  • ●会社名/共栄火災海上保険株式会社
  • ●本社所在地/東京都港区新橋1-18-6
  • ●設立/1942年7月
  • ●資本金/525億円

信用金庫の前身である産業組合が1942年に設立した「共栄火災海上保険」が始まり。以来、個人向け、事業者向け、ともに幅広い保険商品を提供し続けて業務拡大。現在、富国生命との業務提携も考慮すれば国内でも大手の部類に属する保険会社と言えるでしょう。JA共済との関連も有名。

共栄火災が用意している個人向け商品としては、まず自動車保険が知られます。補償範囲を広くカバーした「KAPくるまる」が主軸商品です。 また、住まいと家財を守る火災保険「安心あっとホーム」も主力商品。火災のみならず、風災や水災なども広くカバーした補償内容になっています。

ほか、体の保険として「元気快!T」「がん保険」、旅行・レジャーの保険として「海外旅行保険」「ゴルファー保険」、積立タイプの保険として「まもるくん」などを提供しています。

契約者を対象としたアンケートを実施するなど、より良いサービスを提供するための真摯な姿勢が伺える保険会社です。

安心あっとホームのプラン内容

共栄火災の火災保険は「安心あっとホームプラン」。大きく、戸建てプランとマンションプランの2つに分かれます。補償内容は、火災を始め台風、竜巻、洪水、土砂崩れなど多岐にわたります。万が一家屋に損害が生じた場合、その補償基準となるのは契約時の建物評価額。よって、保険に加入してから期間が経ち、古くなってしまった家屋が全焼したとしても、契約時の建物評価額が考慮されることになります。

安心あっとホームの口コミ評判

共栄火災の安心あっとホームに加入している方から、口コミを1つご紹介します。ご自宅が火災に遭われたときに、共栄火災に加入していて良かったと実感した方の口コミです。別ページ「口コミ評判まとめ」では、他の加入者の方々からの口コミも詳しく掲載しています。

マンションを購入した際、不動産会社からの勧めで火災保険に入りました。特に大きな理由もなく共栄火災の保険に入ったのですが、のち、マンションが火災に遭ってしまい、本当に加入していて良かったと痛感しました。自宅を失って狼狽する私に、今後、どのような手続きをすべきか、どのような補償があるのかなど、迅速かつ的確に教えていただきました。担当者の方の力量もあったとは思うのですが、良い保険会社と契約していて安心でした。補償内容も大事な要素ですが、事後対応の良さも保険会社選びの大事な要素だと思います。

他の方々の口コミをチェックしてみると、やはり、この方と同じで担当者の対応を評価する声が散見されました。会社自体が売りというよりも、各担当者が売りといった印象です。良き担当者に巡り合えば、きっと満足のできる補償プランを提案してもらえるでしょう。

共栄火災の自動車保険

共栄火災の自動車保険画像引用元:共栄火災
https://www.kyoeikasai.co.jp/

共栄火災の自動車保険は、「KAPくるまる」「ちょうき安心」「バイク保険」「ドライバー保険」などがあり、プラン内容が変わってきますのでご紹介します。

共栄火災の保険内容

「KAPくるまる」は、対人賠償、対物賠償、人身傷害などの補償をしてくれる総合保険です。そして、24時間365日いつでもつながるロードサービス「助っ人くん」がついていて、事故や故障などにより自力走行が不能になった際の車両運送や引き上げ、レッカー移動、修理後の自宅搬送費用などを15万円まで補償してくれます。

この他故障現場修理サービスとして、鍵開け、冷却水補充、オイル漏れ点検、バッテリーの点検やジャンピング、スペアタイヤ交換、カス欠時ガソリン10リットルサービスなど自力走行が不能になった場合、現場に駆けつけて緊急修理をしてくれるのです。

また、事故現場から帰宅する際の移動費用を1人2万円まで、当日帰宅できない場合は宿泊費用として1人1万円まで補償してくれるので万が一の場合も安心です。

「ちょうき安心」は、保険期間を2年または3年とする長期の契約をすると更新手続きが必要なく、さらに保険料が2%安くなります。契約時にゴールド免許なら最大で3年間割引を受けることができますので、KAPくるまるを使う時は、一緒に使うと便利でお得です。

共栄火災の保険料

共栄火災は昔ながらの代理店型なので保険料は、ダイレクト型に比べると高めといえます。しかし、1人1人に担当者がつくので、しっかりと話す機会もあり、自分の目的にあった保険を選ぶことができるというメリットもあります。

ネット世代の20代30代にとって、全てがネットでできない代理店型は、面倒という話も聞きますが、担当者がついていることで事故の際もスムーズに処理が進んだり、今後のことを考えた手助けをしてもらえるという点など、昔から代理店契約する人が多い理由もここにあるといえるでしょう。

共栄火災の口コミ評判

父が共栄火災を長年使っているということもあり、私も共栄火災の自動車保険に入りました。ネットですぐに年間保険料がわかるダイレクト型を希望していたので、最初は担当者がいる代理店型に苦手意識がありました。

でも遠出した際に事故を起こして自力走行ができなくなった時の対応がとにかく早く、何をしたら良いかなどテキパキと教えていただけたおかげで、あまり時間を取られずに帰宅することができました。

口コミでも、親など家族が入っていたので自分も入ったという人が多く、長年培ってきた信頼度が高いのがわかります。また、自動車保険で大切な事の1つは、素早い対処です。

こういった点でも共栄火災のロードサービスは、連絡してからの対応が早く、修理拠点も全国に80箇所あるので修理工場への連絡やレンタカーの手配など初期対応の良さには定評があるようです。

共栄火災が選ばれる理由

共栄火災が選ばれる理由としては、代理店型の利点ともいうべき担当者の存在が大きいようです。担当者を通して契約をしているおかげで、事故や故障時の対応もスムーズにしてもらえたという意見も多くありました。

代理店型は苦手という人もいますが、初めての代理店として共栄を使ってみて見直したという人も多く、付き合いが長くなればなるほど、細かいケアをしてもらえるということで代理店ならではの丁寧さが高い評価につながっているようです。

そして共栄火災を使うならば、1年といった短い契約ではなく、ちょうき安心と一緒に2年以上の契約をすることで更新手続きもいらないので、保険料も割引になり、2台3台とまとめて契約するとさらに割引になるのでお得という点も選ばれるポイントになっているでしょう。

▶ 公式サイトで詳しい情報を見る

ページ上部へ戻る