• 人気の火災保険10種類 保険料の比較一覧
  • 保険料は?補償内容は?火災保険はじめてガイド
  • あなたにピッタリな火災保険の選び方
  • よくある疑問を解決Q&A
  • サイト内で困ったらココ 火災保険の用語辞典

ニューインディアの火災保険の口コミ評判

創立から90年という長い歴史を持ち、世界各国に広がるニューインディアの火災保険を利用している方からの口コミをご紹介します。

ニューインディアの火災保険の口コミ評判1
ボールで割れた窓ガラスを補償で修理したケース

ある日、私が台所で家事をしていると、居間の方で激しい物音がしたので行ってみたところ、吐き出し窓の上の方が粉々に割れているのを発見しました。そして、飛び散ったガラス片と一緒に落ちていたのは野球のボールです。私の家の近くには小さな公園があるので、子どもたちがそこでよく遊んでいるのは知っていました。多分、子どもが野球ボールを投げ間違えたのだろうと思って外を見ましたが誰もいません。取り敢えずガラスを修理しなければと思って修理業者を調べてみたのですが、大きな窓なのでかなり金額もかかってしまうとのこと。仕事中の主人に連絡をとって相談してみると、ニューインディアに連絡してみたらと言ってくれました。火災保険でまかなえるかもしれないと連絡をしたところ、全て補償で修理することができて一安心です。

ニューインディアの火災保険の口コミ評判2
火事被害と仮住まいの引越し費用をカバーできたケース

昨年、隣家で大きな火事がありました。隣家は全焼してしまったほどの被害だったので、当然私の住んでいる家も被害を受け、住宅の一部を修理しなくてはいけないことになったのです。ですが、万が一に備えて、ニューインディアの火災保険に入っていたことが幸いでした。連絡をしてみるとすぐに対応してくれて、火災で受けた住宅の被害を補償してもらえるだけではなく、仮住まいへの引越し費用までカバーしてもらうことができたからです。連絡してからはスムーズに対応が進み、無事に家の補修を終わらせることが出来ました。これまで通りの生活を取り戻せています。火事による被害は精神的な負担も大きいですが、そんな時だからこそ、火災保険が使えるという安心感は大きな強みだと感じました。普段は利用する機会もありませんが、万が一にも備える意味では絶対に外せないものです。

ニューインディアの火災保険の口コミ評判3
大雪による屋根への被害で補償を受けたケース

私の住んでいる地域では、今年の冬は稀に見ないほどの記録的大雪でした。2メートルくらいの雪が積もりましたが、私は足が悪いのでなかなか雪かきもはかどりません。特に屋根の上に積もった雪を降ろすことができないのが心配だったのですが、その不安は的中し、雪の重みによって屋根が壊れてしまったのです。知り合いの工務店に相談してみると結構大きく壊れてしまったようで、修理費用もかなり高額に。火災保険を使えるかどうかは分かりませんでしたが、念のため保険会社に連絡してみました。すると、大雪被害による破損でも補償は受けられるようで、胸をなでおろしました。近頃は天災が非常に多いので、万が一に備えて火災保険は入っておくべきだと痛感しました。

ニューインディアの火災保険の口コミ評判4
空き巣被害による窓ガラスと鍵を修理したケース

ずっとマンションに住んでいたのですが、子どもも大きくなってきたので、思い切って一戸建てを購入しました。それから1年ほど経った頃、買い物をして帰宅すると家の窓ガラスが割れていることに気が付きました。慌てて家の中に入ると空き巣にやられたようで、家の中は物が散乱し、窓の鍵も壊されてしまっていたのです。 とてもショックでしたが、家を購入した時に加入した火災保険に連絡したところ、窓ガラスの破損や鍵の破損なども補償対象になっていて、現金などを家の中に置いていなかったことが不幸中の幸いでした。火災保険というと災害のイメージですが、空き巣被害や破損の被害に備える意味でも必要なものだと思います。

ニューインディアの火災保険の口コミ評判5
大雨による床上浸水で補償を受けたケース

我が家は地盤の低い土地に建っているので、大雨などには万全の対策を備えるようにしています。そのため、火災保険も水災の補償は必ずつけているのですが、先日、実際にこの周辺に豪雨被害がありました。私の住んでいる市全体での被害だったのですが、当然のことながら特に我が家周辺への被害が酷く、家全体に水がついて家財道具や家電製品の多くが使い物にならなくなってしまいました。ですが、火災保険で対策を取っていたため、すぐに保険会社に連絡をして、被害のほとんどを保証してもらうことができたのです。私の家のように特殊な土地に建っている住宅は、被害に遭った時のために保険は万全にしておくべきだと思います。そうすれば、いざという時にも慌てずに済みますから。

ページ上部へ戻る