• 人気の火災保険10種類 保険料の比較一覧
  • 保険料は?補償内容は?火災保険はじめてガイド
  • あなたにピッタリな火災保険の選び方
  • よくある疑問を解決Q&A
  • サイト内で困ったらココ 火災保険の用語辞典
これで安心!火災保険比較ランキング » 火災保険よくあるQ&A » 火災保険は年末調整の控除対象?

火災保険は年末調整の控除対象?

火災保険に加入されている方に向けて、年末調整で控除対象になるのかどうかについて紹介しています。

火災保険は控除対象なの?

自然災害のリスクから住まいを守る「火災保険」。年末調整の際に、控除の対象になるのか気になる方も多いと思います。火災保険は、基本的に年末調整の控除対象ではありません。平成18年以前までは「損害保険料控除」という制度があり、火災保険も対象となっていました。しかし、平成19年に税制改正が実施され、損害保険料控除は廃止。それによって、火災保険は控除の対象から外れてしまったのです。

なぜ控除から外れたの?

火災保険が控除の対象となっていた「損害保険料控除」という制度は、火災保険への加入を促すことを目的に開始されたものです。そのおかげで、火災保険の加入率が以前よりも増加。「火災保険を広く普及させる」という目的は十分に達成されたため、制度が廃止され、年末調整の控除から外れることになったのです。

地震保険は控除対象

損害保険料控除に代わって新設されたのが「地震保険料控除」です。その名前の通り、地震保険は年末調整の控除対象になります。控除対象外の火災保険とセットで地震保険に加入している場合でも、地震保険料の分が控除対象になる可能性あり。対象の有無や金額については、保険会社から送付される控除証明書で確認できます。年末調整の際に必要になるので、失くさずに保管しておきましょう。

地震保険の控除額は、その年に支払った保険料の金額によって算出。3パターンの計算方法をご紹介します。

  1. 地震保険料
    50,000円以下…支払額全額
    50,000万円超…50,000円
  2. 旧長期損害保険料
    10,000円以下…支払額全額
    10,000円超~20,000円以下…(支払金額÷2)+5,000円
    20,000円超…15,000円
  3. 地震保険料+旧長期損害保険料
    1と2の計算方法で算出した金額の合計額(上限50,000円)

※1つの保険契約で地震保険料と旧長期損害保険料を支払っている場合、どちらの保険を控除対象にするかは納税者が選択。

火災保険の経過措置について

税制改正前の火災保険に加入していた方は、経過措置として、控除の対象になる可能性があることを知っておきましょう。「旧長期損害保険料」と呼ばれ、適用には以下の3つの条件があります。

  1. 平成18年12月31日までの契約(平成19年1月1日から保険が適用される場合は除外)
  2. 満期返戻金が支払われる保険期間が10年以上の長期契約
  3. 平成19年1月1日以後に契約内容の変更をしていない

これらの条件をすべて満たしていなければ控除の対象にはならないため、注意が必要です。すべての条件に該当する方は、保険の契約が終了するまで年末調整で控除を受けられます。

火災保険と地震保険のセットが安心

地震保険は、火災保険に入っていなければ加入できません。

保険に加入していなくても、国から最大で300万円が支給される「被災者生活再建支援制度」というものがありますが、これはあくまでも生活支援を目的とした制度。住まいの損害まではカバーできないため、地震保険に加入していないと経済的なダメージが大きくなってしまうのです。

地震大国と呼ばれる日本。大切な住まいを守るためにも、備えとして火災保険と一緒に地震保険もセットで加入しておくことをおすすめします。

ページ上部へ戻る