• 人気の火災保険10種類 保険料の比較一覧
  • 保険料は?補償内容は?火災保険はじめてガイド
  • あなたにピッタリな火災保険の選び方
  • よくある疑問を解決Q&A
  • サイト内で困ったらココ 火災保険の用語辞典
これで安心!火災保険比較ランキング » 火災保険よくあるQ&A » 火災保険と火災共済の違いって何?

火災保険と火災共済の違いは4つ

よく耳にはしますが、いまいち違いがわからない「火災保険」「火災共済」。ここでは火災保険・火災共済の大きな違いを4つまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

火災保険と火災共済の比較

火災保険と火災共済の違いを、簡単な比較表にまとめました。

  火災保険 火災共済
運営母体 損害保険会社 団体(生協など)
商品の目的 会社の利益追求 団体組合員の福利厚生
補償の範囲 火災・落雷・破裂・爆発・水濡れ・落下・飛来・衝突・盗難・損傷・汚損・騒じょう・風災・ひょう災・雪災・水災(契約次第では他にも各種の補償あり) 火災・風水害
特約の種類 多い 少ない
火災以外の被害補償率 最大で火災の補償額の100% 火災の補償額の5%程度
地震保険の取り扱い 火災保険とセットで国が運営する地震保険に加入 別途、独自の地震保険に加入(国が運営する地震保険には加入できない)
地震保険の補償額 火災の補償額の50%まで国が補償 火災の補償額の20%程度まで団体が補償

表からも分かるように、火災保険と火災共済には非常に大きな違いがあります。同じ火災を補償する商品とは思えないほどの違いです。

両者のもっとも大きな違いは運営母体。火災保険は民間企業が運営し、火災共済は非営利団体が運営しています。運営母体の違うため、商品の目的が「利益追求」なのか「組合員の福利厚生」なのかという違いも出てきます。

ただ保険に加入するほうとしては、運営母体や商品の目的の違いよりも、補償内容や保険料、補償金額の違いが気になるところ。結論だけ端的に言うと、火災保険は保険料が割高で補償内容が手厚く、火災共済は保険料が割安で補償内容が手薄い、という点が大きな違いです。

様々な被害を想定して補償を手厚くしたい人には、火災保険が合っているでしょう。最低限の補償で構わないという人には、火災共済が合っているでしょう。 それぞれの世帯の希望や実態に合わせ、最適な商品を選びたいものです。

以下、火災保険と火災共済の「運営母体」「補償金額」「補償範囲」「地震保険の取り扱い」「火災保険と火災共済のメリット」について詳しく解説します。

火災保険・火災共済の違い~運営母体~

火災保険と火災共済の大きな違いは、運営母体が異なっていることです。

火災保険は「三井住友海上」「東京海上日動」と言った民間企業が運営しています。特徴としては、企業同士が売り上げを競い合っているため、多様な面で充実したサービスが受けられることです。

火災共済を運営しているのは、厚生労働省が管轄している「全労済」[1]「コープ共済」[2]といった非営利団体。特徴として利益を重視していないため、火災保険と比べると保険料が安く設定されています。企業間との競争がないのでサービスの種類は少なめです。

火災保険・火災共済の違い~補償金額~

次は保険に加入する際に1番気になる「補償金額」の違いについて紹介します。中でも「災害以外の補償金額」についてスポットライトを当てました。

火災保険の場合、水災や風災といった自然災害で家に何かしら破損した箇所が出たとき、火災と同じ補償額を受け取ることができます。火災共済では、火災と自然災害の補償金額が異なることが特徴で、多くの火災共済は火災補償額の5%程度と言われています。火災補償額が7,000万だとすると、火災以外の補償額は350万までとなってしまうのです。

火災保険・火災共済の違い~補償範囲~

火災保険の補償範囲は、火災はもちろん水災や風災といった自然災害にも対応してくれるほか、特約をつければ水漏れ・建築外部からの衝突や落下なども対応してくれます。幅広い補償範囲の中で自分が必要だと思うプランを自由にカスタマイズできるため、自分にあったオリジナル火災保険を作ることが可能。

火災共済の補償範囲は、火災と自然災害です。火災保険と自然災害のパックで用意されていることがほとんど。もともと保険料は安く設定されているので、自分の住まいに合ったパックを見つけられるとお得に利用できる保険です。

火災保険・火災共済の違い~地震保険の取り扱い~

火災保険と火災共済では「地震保険」の扱いが異なることも念頭に置いておきましょう。

火災保険は、地震保険のみに加入したいときでも必ず火災保険もセットで加入しなければなりません。火災保険の補償額の最高50%までを国が補償してくれる仕組みです。

一方、火災共済で保険に加入する場合は国が補償する地震保険を利用することができません。しかし、火災共済が独自で作った地震保険を利用できます。この場合は、火災保険額の20%程度の保険額までしか支払われません。

火災保険と火災共済のメリット

火災保険のメリットは「サービスの充実」です。火災保険だけではなく、地震保険がセットでついてくることや火災保険と同じ補償金額を受け取れることは、とても魅力的だと言えます。

火災共済のメリットは補償範囲が限られているので「保険金が安い」ことです。たくさんの保険を組み合わせなくても、安く利用したいと考えている人にはおすすめの保険。

火災保険と火災共済のメリットを踏まえると、どちらも魅力的だと感じて「とりあえず安い方で…」と火災共済に傾いていませんか?

火災保険は火災があった後の保険ではなく、補償範囲を見ると災害や建物外からの衝突なども補償をしてくれるので、住まい全体の保険だと言えます。

実際に住まいに何かの災害が振りかかってからでは遅く、立て直すには少ない金額しか受け取れない火災共済より、広範囲を補償してくれる火災保険がおすすめです。

参照元
[1] 全労済の概要 | 共済・保障のことなら全労済
http://www.zenrosai.coop/zenrosai/profile/about/overview.html
[2] 事業のご報告 - コープ共済
http://coopkyosai.coop/about/work/pdf/annual_2009.pdf

ページ上部へ戻る