• 人気の火災保険10種類 保険料の比較一覧
  • 保険料は?補償内容は?火災保険はじめてガイド
  • あなたにピッタリな火災保険の選び方
  • よくある疑問を解決Q&A
  • サイト内で困ったらココ 火災保険の用語辞典
これで安心!火災保険比較ランキング » 火災保険よくあるQ&A » 火災保険の一括払いと年払いはどちらがお得?

火災保険の一括払いと年払いはどちらがお得?

災保険の保険料の支払い方法には、長期一括払いと年払いの2種類があります。それぞれの特徴やメリット・デメリット、保険料の具体例等を見ていきましょう。

火災保険の長期一括払いと年払い

火災保険の保険料支払い方法には、長期一括払いと年払いの2種類があります。

長期一括払い

数年分の保険料を一括でまとめて支払うタイプ。10年を最長に、3年分、5年分など、被保険者の希望に応じて期間を設定することができます。「長期契約」と呼ばれることもあります。

長期一括払いは、現在では最長10年までの契約となりましたが、以前は最長35年まで契約が可能でした。現在の火災保険契約は、「再調達価額」という新価での計算で保険料が算出されるため、長期契約の際にも保険料が不利になることはありません。

ですが、以前は5年以上の契約の際に再調達価額での契約ができなかったので、時価額を用いた計算で算出されていました。もし、35年、20年などの契約期間が設定されている場合、時価額で保険料が算出されていて、保険料が高くなっている可能性もあります。長期契約中でも見直しをしてみると良いでしょう。

年払い

1年ごとに保険料を支払うタイプ。「短期契約」と呼ばれることもあります。

また、保険会社の中には、長期一括払いと年払いをミックスした「長期年払い」を用意しているとこともあります。「契約期間は10年、保険料の支払いは年払い」などのような形です。

また、1か月ごとに保険料を支払う「月払い」という方法もありますが、長期一括払い、年払いと比較すると、合計の払込保険料額は高くなります。金額的なメリットが薄いため、月払いが利用されることは多くありません。

長期一括払いのメリット・デメリット

長期一括払いのメリットとデメリットを見てみましょう。

メリット

  • 契約期間が長くなればなるほど、年間あたりの保険料が割安となる。
  • 毎年継続手続きをする手間がない。
  • 契約満了までは、「うっかり契約更新をし忘れる」ということがない。
  • 「自動継続特約」がセット可能でその後の更新忘れもなくなる。

デメリット

  • 初期費用が高額となる。
  • 補償内容の見直しをする機会が減る。
  • 時間とともに補償内容を忘れてしまう。

年払いのメリット・デメリット

年払いのメリットとデメリットを見てみましょう。

メリット

  • 補償内容を見直す機会が多い。
  • 契約内容を忘れてしまうことが少ない。
  • 一度に高額な保険料を支払わなくても良い。

デメリット

  • 長期契約に比べて、年間あたりの保険料が割高になる。
  • 毎年契約を更新する手間がある。
  • 契約更新をし忘れるリスクがある。
  • 保険料支払いが滞ると火災の際に免責になる可能性がある。

保険料試算

契約期間が長くなるほど保険料が割安になる例として、三井住友海上の火災保険の保険料を試算してみましょう。以下、同社公式サイト「GKすまいの保険・ローン団体扱用」から引用しています。

保険期間 一括払保険料 1年あたりの保険料
2年 52,410円 約26,210円
10年 233,080円 約23,310円

算出条件:(平成29年1月1日始期)

  • 契約プラン:6つの補償プラン(家財(6つの補償・長期用)特約をセット)
  • 建物保険金額:2,000万円
  • 家財保険金額:1,000万円
  • 免責金額(建物・家財):3万円
  • 所在地:神奈川県
  • 構造級別:戸建 T構造(耐火)
  • 延床面積:100㎡
  • 建築年月:平成29年1月
  • 事故時諸費用特約:損害保険金×30%・300万円限度
  • 地震火災費用特約:保険金額×5%・300万円限度
  • ローン団体割引適用

この例からも、契約期間の違いによって、1年あたりの保険料が大きく異なることが理解できると思います。

火災保険の長期係数

火災保険の長期一括払いの際、保険料は基本となる1年間の保険料に、「長期係数」という割引率を掛けることで決められます。

1年間の保険料額 × 長期係数 = 総額の保険料

もしも、年払いで支払った場合は、長期係数が掛けられることなく、1年間の保険料を1年ごとにそのまま支払うことになります。契約期間ごとの長期係数は次の通りです。

  • 3年契約…長期係数:2.70
  • 5年契約…長期係数:4.30
  • 8年契約…長期係数:6.70
  • 10年契約…長期係数:8.20

つまり、10年間で契約した場合の保険料は、8.20年分の保険料だけで済むことになり、約2年分の保険料が節約できるということになります。

住宅ローンの関係からも長期一括払いがお得

特に、住宅ローンを利用している方は、住宅ローンを払い終えるまで火災保険無加入の状態にはなれません。

融資を受けたときに、銀行によって火災保険に質権が設定された場合は、住宅ローン完済まで火災保険を継続する必要があるからです。いつか支払わなければならないものであれば、長期一括払いにして、支払総額を減らした方がお得になります。

火災保険に質権が設定されていない場合であっても、住宅ローンの完済が終わる前に万が一の事態に遭遇したら、返済が困難になることも考えられます。

長期的な返済をしなければならない住宅ローンの存在があるからこそ、万が一に備えて、火災保険でも長期的な契約がおすすめです。

少しでも保険料をお得にしたいとお考えの方は、初期負担は大きいものの、長期一括払いを選んだほうが良いでしょう。

ページ上部へ戻る