• 人気の火災保険10種類 保険料の比較一覧
  • 保険料は?補償内容は?火災保険はじめてガイド
  • あなたにピッタリな火災保険の選び方
  • よくある疑問を解決Q&A
  • サイト内で困ったらココ 火災保険の用語辞典
これで安心!火災保険比較ランキング » セゾン自動車火災保険の火災保険を調査

セゾン自動車火災保険の火災保険ってどんなもの?

セゾン自動車火災保険の火災保険について、サービス内容や口コミ評判などを紹介していきます。

セゾン自動車火災保険ってどんな保険会社?

セゾン自動車火災保険ロゴ
  • ●会社名/セゾン自動車火災保険株式会社
  • ●本社所在地/東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 40F
  • ●設立/1982年9月
  • ●資本金/236億1,000万円

 

セゾン自動車火災保険は損保ジャパン日本興亜グループの一員。ルーツとなるのはオールステート自動車・火災保険株式会社で、これが時代の流れの中でセゾングループに入り、クレディセゾンと安田火災海上保険の業務提携などを経て、現在に至っています。

俳優の香川照之が出演するテレビCMでお馴染み、おとなの自動車保険はセゾン自動車火災保険の商品。これは40〜50代にターゲットを絞った保険ですが、火災保険でも補償内容にこだわるヒトたちをターゲットにするなど、損保業界大手のサービス充実系保険商品とはしっかり差別化を図っています。
また、インターネットの活用も積極的で、短時間で簡単に見積もりができるツールを公開していたり、各種手続きもオンラインで簡略化されています。

じぶんでえらべる火災保険のプラン内容

セゾン自動車火災保険の火災保険は、その商品名がじぶんでえらべる火災保険となっていて、ブランドというよりは機能がそのまま名称になっているわけです。名が示す通り、補償内容は自在な組み合わせが可能。基本補償(火災、落雷、破裂・爆発)以外は加入者側が好きに組み合わせを選べるというシステムになっているのです。
火災保険でよくあるのは、最小限プランとフルカバープラン、その中間やフルカバーから水災を外したマンション向けプランといったあたり。これはこれで汎用性があるものの、パッケージ化されているのも事実で、じぶんでえらべる火災保険ほど選択の自由度が高い火災保険はそうそうありません。

じぶんでえらべる火災保険の口コミ評判

セゾン自動車火災保険の火災保険が利用者にどう評価されているか、ネットの口コミ評判を調べて詳細ページ「口コミ評判まとめ」として紹介しています。ここでもその一例をピックアップしておきます。

我が家はちょうどいろいろな出費がかさむ時期ということもあって、保険料はできるだけ安くしたいと思っていました。もちろん、安心できる補償は必要ですが、不要な補償までついている保険より、セゾンの方が結果的に保険料を安く済ませることができました。他社の保険もけっこう調べてみたのですが、充実ぶりがアピールになるのかセットになっているものが多過ぎるという印象でした。なお、セゾンは保険料が安くてもサービス対応はとてもよかったです。

他の口コミも含めてセゾン自動車火災保険の火災保険では、補償内容を好きなように選べるということが決め手で加入するケースがほとんど。また、補償内容を厳選することによって、結果的には保険料が安く済んだという感想もよく見られます。

セゾン自動車火災保険の「おとなの自動車保険」

おとなの自動車保険
画像引用元:おとなの自動車保険 セゾン自動車火災保険
http://www.ins-saison.co.jp/otona/

セゾン自動車火災保険が取り扱っている「おとなの自動車保険」は、40〜50代を対象に絞った保険です。

おとなの自動車保険のプラン内容

おとなの自動車保険の保険料を安くする事で、契約者の子供が自動車保険を必要になった場合に安く入れるように導入されました。

もう1つの特徴としては、「つながるボタン」「つながるアプリ」「ALSOK」というスマートフォンを持っている人に提供可能なサービスを導入しているとことです。

「つながるボタン」と「つながるアプリ」は、事故時にボタンを押すとアプリが起動して、事故のアシスタント受付デスクへの連絡がスムーズにとれる手助けをしてもらえるサービスです。

それは、事故現場の位置情報が自動で事故受付担当者に送信されていますので、担当者は場所を把握した上での対応をしてくれる画期的なシステムです。

また衝撃感知機能もついているので、つながるボタンが衝撃を感知するとアプリのプッシュ通知が自動で届き、そのプッシュ通知に反応がないと、スマートフォンに電話がかかって来るようになっています。ですから事故に合われて混乱している状況でも安心ですね。

「ALSOK」は、事故の際セゾンの事故受付担当者に電話で依頼すれば、事故現場にALSOK隊員が駆けつけてくれるサービスです。

初めての事故などで警察や事故相手とのやり取りが不安な場合など、事故状況の記録と報告から、緊急連絡、ロードアシスタンスの出動要請などをサポートしてもらえます。

またセゾン自動車火災保険の自動車保険は基本補償にプラスして必要な補償を特約という形で保険料を見ながら自由に選ぶことができる「選べる補償」なので、ロードサービスなど他に加入している場合でも、一人ひとりのニーズに合わせて選べるというのも便利な点です。

おとなの自動車保険の保険料

保険料はインターネットで申し込めるダイレクト型ですから、内訳を見ながら見積もりすることができます。

例えば40代男性、ブルー免許、通勤に使用、契約者+配偶者+別居の未婚の子供まで補償範囲、車種トヨタプリウスという条件で見積もりした結果では1年間の一括保険料は63,850円でした。

これは一番ベーシックな補償ですが、ロードアシスタンス、弁護士費用、ファミリーバイク、自転車傷害など色々ある特約の中から、ニーズや料金などを参考に一人ひとりに合わせた保険を作ることができます。

おとなの自動車保険の口コミ評判

「40代の私にはこちらの保険料が安かったのと、ロードサービスの拠点数が13,000箇所と特に多かったので選びました。それから事故の時にALSOKがきてくれるサービスやつながるボタンなど、他の保険会社ではないサービスも多いですし、安いのに基本の補償も充実していて、特約もいろいろとあり選べる所が良いと思いました。」

40〜50代の契約者の保険料が1番安くなるように作られた保険ということで、その年代に最も人気が高いようです。また他の保険会社には無いつながるボタンやアプリ、そしてALSOKのサービスも「万が一の時には」安心できる充実サポートがあることも、満足度の高さにつながっているようです。

事故にあった時落ち着いて対応できる人ばかりではありません。そんな時に頼りになる保険会社ですが、種類が少ないという口コミも多く見られ、信頼度の高さがうかがえます。

セゾン自動車火災保険が選ばれる理由

セゾン自動車火災保険は通販型ということで、代理店型よりも安い保険料で契約することができます。

それにプラスしてセゾン自動車火災保険は、40代、50代の保険料が割安になる料金形態を導入していることもあり、この年代の人達には最も安い保険料で契約ができるということも、人気の理由でしょう。

ページ上部へ戻る