• 人気の火災保険10種類 保険料の比較一覧
  • 保険料は?補償内容は?火災保険はじめてガイド
  • あなたにピッタリな火災保険の選び方
  • よくある疑問を解決Q&A
  • サイト内で困ったらココ 火災保険の用語辞典

火災保険の保険料見直しのポイント

現在契約期間中の火災保険を見直す際に比較検討すべき点などを紹介します。

火災保険料を見直すメリット

内容をよく確認しないで、不動産会社やハウスメーカーなどに勧められるがままに火災保険へ加入してしまっている人は多いのではないでしょうか?いざ契約内容を見直してみると「補償内容は同じだけど、今のプランの方が安くなっている」「保険会社を比較してみると、同じ内容でも他社のほうが割安だった」「必要のない補償に入っている」ということがあります。

また、過去に長期契約をしている人の中には好景気のときの高い保険料を継続して払っていたり、時間契約によって支払われる保険金額が減っていたりするケースも…。気付かないうちに損をしていることもあります。

見直すだけでも、家計の無駄を省くことが可能です。火災保険の見直しは生命保険や自動車保険と比べて普段意識することはないかもしれませんが、補償内容を確認するだけでも十分なメリットになります。まずは自分の火災保険の内容が、どのようになっているのかをきちんと把握しましょう。そのうえで、火災保険の見直しをきちんと行ってください。

4つの視点で火災保険の保険料を見直してみる

火災保険は住宅購入時に加入するのが一般的ですが、住宅ローンと同じ年数の長期契約をするケースはそう多くはないでしょう。多くのヒトは数年単位で契約期間が完了するわけで、その時にはできれば以下の4つのポイントを重視して、火災保険の見直しをしてみてください。そうすれば保険料の節約になり、それを5年・10年と継続すれば、トータルではかなりの金額を節約することも夢ではありません。

保険金額自体を見直してみる

新築一戸建てを購入した時点で火災保険に加入する場合、建物の保険金額は建築費用に近い金額を設定していたのではないでしょうか。全焼・全壊した時のことを思えば、これも間違いではありませんが、10年・20年経ったタイミングなら住み替え・建て替えなども視野に入ってきます。そこで、保険金額自体を当初より低くすれば保険料を安くできる可能性もあります。

これは家財も同様で、新居に合わせて家具などを新調していた場合、家財の保険金額も見直してみると保険料の節約になります。

補償範囲を見直してみる

火災保険をかけて何年か暮してみれば、その物件におけるリスクもある程度わかってくると思います。台風や地震などの自然災害は予測がつきませんが、最新マンションの上階なら水災や盗難を補償範囲から外してもいいのではないでしょうか。

また、最近は補償範囲の組み合わせがかなり自由になっている火災保険もあるので、必要最小限の補償内容に限定すると、大幅な保険料の節約になるでしょう。

自己負担額を見直してみる

火災保険の有り難味を実感するのは大規模災害に遭った時。その点で自己負担額も見直してください。建物にしても家財にしても、ちょっとした損害なら自己負担で回復する方が長い目で見た時にお得な場合もあるのです。火災保険は個人負担するのが難しい事態の備えだと割り切ることができれば、自己負担金をこれまでより高く設定することで保険料を圧縮することも可能となります。

競合他社の火災保険の一括見積もりで比較してみる

今ほどインターネットサービスが浸透していない時期に加入した火災保険なら、火災保険の一括見積もりサイトを利用して手軽に相見積もりをとることで比較してみるのがいいでしょう。同じ条件で補償範囲や保険料の違いを見極めることができますし、以前は金融機関やハウスメーカーの紹介による火災保険を選んでいたとすれば、より自分たち家族に適した商品が見つかる可能性も高くなるというもの。損保業界も再編が進んで以前とは企業グループも変わっていたり、新商品が出ていたりするので、ゼロベースで見直すなら一括見積もりサイトを利用しない手はありません。

長期契約が最長10年になるからこそ火災保険を再考する

2015年10月から大手損保会社は10年を超える長期契約の火災保険を扱わなくなることをご存知ですか?これは気象変動などによるリスク要因の見通しが立てにくいといったことが理由で、以前なら最長36年の契約ができたのが、これからは最長10年になるわけです。

長期契約すると支払時の出費は大きくなりますが、トータルの支出としてはかなり割安になります。途中解約した場合でも月割りで保険料が戻ってくるのが一般的。さらに、これからは保険料が上がる可能性が高いので、見直すなら早めのタイミングがいいでしょう。

リフォームや引っ越しが見直しのタイミング

火災保険料は火災の発生率で変動します。保険会社によっても保険料は変わるので、5年前に有利だった保険会社が現在は別の保険会社の方が有利になっていることも。そのため、火災保険を見直すことはとても大切なのです。

火災保険を見直すタイミングは、家の建て替えやリフォームをしてオール電化にしたときなどがおすすめ。火災保険会社の中には「ホームセキュリティー割引制度」や「オール電化住宅割引制度」など、独自の割引を設けているところもあり、保険料が割引されるケースがあるためです。

その他には、子どもが独立して家族の人数が減った場合も、保険金を減らすことができます。生命保険をライフイベントごとに見直すように、火災保険も一度加入してそのままにするのではなく、状況に合わせて見直すことが大切です。最近の火災保険は補償内容について細かい設定ができる商品も増えているので、見直すことで必要な補償だけを選ぶことができます。マンションの高層階に住んでいる場合は、水害の補償を外すと保険料を安く抑えられるでしょう。

定期的な見直しをして保険料を抑える

生命保険は必要な補償額を自由に設定することができますが、火災保険はそうはいきません。火災保険は、建物の評価額から保険金額を算出するので、建物の評価額が下がれば保険金額も下がるのです。しかし、保険金額が下がると、保険料も同時に下がる可能性があります。建物の価値は年が経つごとに変わっていくので、年に1回火災保険を見直す機会を作りましょう。

火災保険の割引制度や補償内容、保険料などは保険会社によって異なります。加入当時は現在契約している火災保険がベストだったとしても、数年後も同じ状況だとは限りません。他社の火災保険と見比べることが大切です。会社によっては、同じ補償内容でも火災保険料が安い場合もあります。

また、火災保険は長期契約中であったとしても、途中で解約することが可能です。一括で保険料を払っている場合は、解約したら損だと思う人は多いはず。ですが、一括払いの火災保険を解約しても損をすることはありません。なぜなら、未経過分の保険料は返金してもらえるためです。ただし、長期契約前提の値引きはなくなってしまうので、注意してください。少しでも火災保険料を節約するためにも、火災保険の見直しは必要です。

いらない補償に入って無駄に火災保険料を払って損をしないためにも、必ず複数社から見積もりを作成してもらい比較するようにしましょう。あなたに合った最適な火災保険がきっと見つかるはずです。

ページ上部へ戻る