• 人気の火災保険10種類 保険料の比較一覧
  • 保険料は?補償内容は?火災保険はじめてガイド
  • あなたにピッタリな火災保険の選び方
  • よくある疑問を解決Q&A
  • サイト内で困ったらココ 火災保険の用語辞典

火災保険を選ぶ絶対条件

補償範囲や物価変動時の保険料の調整、フルカバー時の保険料など、火災保険を選ぶ際に共通して確認すべき点を紹介します。

補償範囲の理解が基本となる、火災保険の選び方

火災保険が補償してくれる対象は大別すると建物と家財。特約などによっては生活全般に関する補償もつきますが、基本補償と呼ばれる補償の場合、建物だけか家財だけ、あるいは両方を補償対象とするかを検討する必要があります。

そして、補償内容の主要なカテゴリーは以下のように分類するとわかりやすいと思います。

必須補償
  • 火災、落雷、破裂・爆発/火災保険ではどんなプランでも必ず含まれる項目。火災は自宅の失火、隣家の延焼、他者による放火などに対応しています。
自然災害
  • 風災、雹災、雪災/台風や暴風雨はこれに含まれますが、それに伴う洪水や高潮は除外されます。
  • 水災/洪水や高潮はこちらで、土砂崩れなどによる被害もカバーされます。
人的災害
  • 水漏れ、水濡れ/水災ではなく給排水設備に関わる水のトラブル。
  • 建物外部からの物体の衝突/車が家に突っ込んでくるといった外的要因による損害です。
  • 騒擾・集団行動・労働争議に伴う暴力破壊行為/集団による破壊や暴力的行為に対する補償です。
  • 盗難による窃取・汚損・き損/泥棒が壊した設備などを補償してくれます。
  • 破損・汚損など/誤って建物や家財を壊してしまった時に補償してくれます。
地震保険
  • 火災保険の加入が条件で、津波や地震による火災の補償はこちらでカバー。

このように分類すると、自然災害系の項目は立地環境や住宅構造などを軸にして取捨選択すればいいことがわかります。

人的災害は予測しにくい要素が多いので、保険料との兼ね合いで費用対効果を検討するのがいいでしょう。

なお、火災保険によって補償内容の組み合わせを選べる自由度が違うことも頭に入れておいてください。

物価変動時にあり得る火災保険の保険料の調整とは

火災保険の保険料は長期契約をして一括払いをすると総額では割安になる傾向があります。ただし、商品によっては契約期間中に物価変動次第で保険料率や建物評価額の見直しをするケースがあります。これによって保険料が返還されることもあれば、追加徴収されることもあるわけです。

破損、汚損まで含めた際の火災保険の保険料相場

上で紹介した補償範囲で、破損、汚損まで含めたプランは一般的な傾向としてフルカバーのプランになります。その場合の保険料がいくらになるか、以下の条件で試算してみました。

  • 所在地/東京都
  • 建物構造/一戸建て(T構造)
  • 保険金額/1,000万円
  • 補償範囲/フルカバー
  • 契約期間/5年

比較するのは損保会社としての知名度も高く、補償内容も充実している点でおすすめの5商品。厳密にいえば、ディテールでは各社フルカバーのプランであっても違いはありますが、ひとつの目安にはなるでしょう。

  1. 三井住友海上、GKすまいの保険/25,680円
  2. 富士火災海上保険、未来住まいる/25,920円
  3. あいおいニッセイ同和、マイホームぴたっと/26,740円
  4. 損保ジャパン日本興亜、THEすまいの保険/28,240円
  5. 東京海上日動、トータルアシスト住まいの保険/32,680円

ページ上部へ戻る